ホーム > 薬事とQA > 事業拡大中(GXP QA コンサルティング)

事業拡大中(GXP QA コンサルティング)

地道に積み上げてきたもの、という感じもありますが、
この会社の専門分野である、非臨床試験(GLP)、臨床試験/臨床開発(GCP)、工場管理(GMP)及び製造販売後の安全性情報管理(PV)それぞれのエリアで、業務が拡大してきています。

特に、最近力を入れていたのは、GCPとGMPのエリアですが、これらは、監査業務を拡大し、現在ほとんどのお客さんが外国からの状態ですが、
国内の企業からの受注がとれるようになれば、かなり業況は安定し、また、更に進展していく可能性があります。

そこが、現在の我々の目指すところで、薬事監査業務を主たる事業とした企業は、国内にはない?かなり唯一に近い状況で、業務は行っておりますが、将来的には、これらの専門性を維持した状態で、監査業務専門の事業エリア(私以外にも事業者が増える)ができれば、
そして、そのリード企業として、業界内でも、発言力を確保できるような状態になること。

薬事監査業務というと、医薬品の製造販売の業の中では、かなり小さな、狭いエリアではありますが、専門性を活かし、そのうえで監査を実施する被監査業者、依頼される製薬企業等の事業のお役に立てればと思い、一事業分野の確立を目指す。

これが、プロアクティブコンサルティングの薬事監査事業への将来ビジョンになりますが、
今のところというか、順調に、業務量は拡大してきています。

また、これを、更に能動的に、業務を受注できるような仕組みの構築も急いでおりますが、これができると、いろんなことが計画できるようになります。私一人の事業ではなくなるということですが、チームとして、会社として動けるようになることが、現在の課題であり、私自身は、経営や営業といった面で、仕事ができる体制作りが今の、これからの課題になっています。

形はある程度見えておりますが、私自身が、コンサル、監査業務の現場の仕事で忙しい状態が、まだしばらくは続きっそうなので、時間はかかってしまうかもしれませんが、目指すべきゴール、方向性は、見えてきたように思います。

最近、国内の企業さんからは、GVPエリアの相談が相次いでいます。
こちらも早めに手順の確立、事業の拡大を図っていくことができれば、更に拡大傾向に入ることができます。

早く楽になりたいけど、ビジネスマンとしては、まだまだひよっこ。
The Greatest Business Man in the world.を目指して、様々な人のためになる仕事を一つづつ作り上げていきたいと思います。

久しぶりの投稿でしたが、できるだけ、私の思いは、ここに書いておけるようにしたいと思います。

別プロジェクトもありますしね。

では。

カテゴリー: 薬事とQA タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。