アーカイブ

2015 年 9 月 のアーカイブ

9月27日 脊梁トレイル (35km)を走ってきました。

2015 年 9 月 29 日 コメントはありません

投稿が遅くなりましたが、今回の記録は6時間17分
12074484_1669870989891071_4939500065458062172_n

チョーきついコースで、更に足底腱膜炎痛もきつくて、つらーいレースになりましたが、なんとかゴールまでたどり着くことができました。 
走り終わって、今は幸せ!!

スタートから15km付近までは、ずーっと登りのコースで、15km付近では、足底の痛みも相まって、めまいすら起こしてしまうようなコースでした。(実際、途中めまいのような”よろよろ感”がありました)

DSC_0357

「山の鉄人レース」という通称にも、納得のコースでした。

スタートから、5kmほど、ロードなのですが、ここが既に急な上り坂で、いきなり心臓破りの坂、そのあとも登山道に入り、上りは延々と続き、五ヶ瀬のスキー場(ここが最初のエイド)まで。

そのあとは稜線伝いにはなりますが、登り、下りが連続して、17-8km付近まで、この間の1kmの遠いこと遠いこと。
19km地点で私のタイムでちょうど4時間。この時点でへろへろ。

この間、足底剣幕炎痛は、左足だけでなく、右足にも襲いかかられて、走れなくなって途中収容も覚悟しました。途中で倒れるかも、、とも。

走っている間も、「いてててっ」 を何度連発したことか。。

それでも、最後の山だったか、三方山を過ぎてから、平坦な道が増え、少し楽になってきました。
それに、後ろから抜いていく方に「足痛いんですよ、、先に行ってください」と抜かれ際に声をかけたら、
「いけるところまで やね」っと。

リタイヤが頭に浮かぶような痛みだったのですが、なんとなく、この言葉で、気持ちが楽になり、
そこで、最近覚えた足底に負担のかからない走り方があったことを思い出し。。
自己流ですが、”ベアフットラン”的な、走り方に切り替え、ぺたぺた、ぴょんぴょん、30km地点まで、リズムを捉え、比較的スイスイ走ることができました。

これで完走できることを確信し、足の痛みに耐えながら、ゆっくりではありますが、ゴールまでたどり着きました。
それでも、最後の5kmのロードは痛かった。・・

もう一つ、嬉しかったのは、霧島えびのトレイルの時に、一緒だったメンバー(K藤さん、Y尾さん、Sちさん)も、今回は、みんなゴールまでたどり着きました。
(写真はスタート前の写真)
DSC_0355

ゴール後、みんなで「走り終わると、幸せだね」っと納得しておりました。

きつーいレース(脊梁トレイル35km)でしたが、また、いい思い出ができました。

次は10月18日、四万十川ウルトラマラソンの予定ですが、
足が痛いのが続いているので、、、どうでしょうね。我ながら不安になってきました。

今度は、1週間、みっちり休んで、足の痛みの回復を待ちます。
そのあとは、いけるところまで行く。これしかないですね。

カテゴリー: その他もろもろ タグ: