ホーム > 薬事とQA > 2016.8.4 その2 日本QA研究会での活動

2016.8.4 その2 日本QA研究会での活動

独立していらい、日本QA研究会という団体に所属している。

活動としては、Global GCP Audit Guidelineの作成に関与、、といってもほとんど時間を作れていなかったので、中身についての積極的な関与はなく、

SQA、RQAとも共同で、ガイドラインの整備を行っていたので、SQAやRQAの年会に参加した時に、会議に出て、調整を担当するくらいでした。

その後、独立8年目の今年、4月くらいに、以前、委員長も務めたこともある「国際委員会」に復帰。
しかし、その後、会議への出席を試みるも、日程が合わず、8月現在、まだ、一度も会議に出席できていない。

また、2020年予定の6th GQAC(Global QA Conference)を控え、少し経験があるので、ステアリングコミッティに召集された。
しかし、また、第1回目の会議にも日程が合わず、欠席。

仕事も忙しいのと、距離もあるので、しょうがないんですけどね。

でも、無責任にコミッティーへの参加を承諾してしまったような気もして、気が重くなっているのも感じます。

まっ、いいか。 
きにせず、できることを頑張りましょう。

カテゴリー: 薬事とQA タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。