アーカイブ

2017 年 2 月 のアーカイブ

2017.02.04 エトス・パトス・ロゴス ”パトス”

2017 年 2 月 4 日 コメントはありません

DSC_0931

16468719_1672180573074458_1148155907_n

DSC_0933

今日は私が会長をつとめる、弥生が丘 地区社会福祉協議会 主催の 男性料理教室。

普段は、高齢社及び子供と高齢者の交流を主題として、地域の福祉を考えている団体ですが、
今日は男性に的を絞り、男料理教室、、今日は、しかも ”蕎麦打ち”。

我々世代から少し若い世代の方たちもたくさん参加してくれました。

楽しい、イベントになりました。

◆さて、本題ですが、
今、全国林業普及協会からのお仕事の、能力評価システム導支援実績の報告書を作成しているところですが、

この林業支援でも、もっとも時間をかけたのが、”パトス”。

エトス、パトス、ロゴスの3ステップは、
コミュニケーションの3ステップとして、時より、セミナー等でお話ししますが、

その中のパトスの話。
エトス、これは、人とのコミュニケーションが開始されるとき、自分自身を知ってもらうアクション。
目的は、私自身が何者かを理解してもらう、私があなたの役に立つ人間であることを理解してもらう、そういうフェーズです。

人とのコミュニケーションを開始する場合、(たぶん、人に限ったことではありませんが)
まずは、私が ”何者か” をわかてくれないと、それと、ある程度信用できる人間であることを理解してもらわないと、
コミュニケーションはスタートしません。

これは、営業の現場ではにょ実ですが、
営業に限らず、いろんな事業を始めようとする場合、知らない方々とのコミュニケーションはすべてここが入り口。

そして、パトス。
今日、最も、大事なステップとして、書いておりますが、
これは、相手と同じ心境になって、相手と同じ目線で、物事を考える。
これによって、コミュニケーションをとっている人が、

”何に悩み”、
”何に苦しんでいるのか”、
”何を解決しようとしているのか”

これを理解し、自分自身が相手の思いと共感し、
相手の目線をほぼ正確にとらえること。
そして、相手の目線で、相手の悩みに語り掛けることができるようになるフェーズ。

これが一番むつかしいのですが、コンサルタントの仕事の中で、もっとも重要なスキル。
相手の気持ちになれなければ、同じお客さんで、次の仕事は来ません。
また、更に相談のあることはありません。

理由?、お客さんが、忘れてしまっているか、役に立たないと感じているから。
その原因は、パトス。

人の気持ちを理解する、推察する。
人間のもつ特殊なというか、動物の間(動物として)で優れている 能力の一つだと思いますが、
これができて初めて、

本当に伝えたかったことを伝えるフェーズ、ロゴスに到達することができます。
言い換えると、効果的なロゴスに到達することができます。

ロゴス、俗にいう営業トークです。これ、買ってもらえませんか、ここがお得ですよ、、、と。

しかし、コミュニケーションの3ステップの中で、パトスは最もむつかしいし、
コンサルタントとしては、ここに時間をかけないといけない。

ここを外すようだと、たぶん、独立したコンサルタントでなない。とは言えない。

難しい技術なんですが、独立して、本当に一人でコンサルタント業をやっていこうと思うと、できないと、一人で仕事をすることができない。

今回の林業支援の事業者も、依頼が来て、会社の改善を目指さなければならない状況であったにも関わらず、
社長自身が、会社の将来像や、従業員さんのレスポンス(反対意見)、に不安を感じ、生産体制を再構築することにより、生産性が下がってしまうことなどを、懸念し、なかなか先に進まない状況もありました。

パトスのフェーズでは、
林業の可能性を、土地の活用から、バイオマス事業、及び飼料・資料等の原料の可能性について、お話しし、
現在、娘(専務)が実施したい政策などについて、

他社の支援事例、製薬時代に経験したこと、その他の本や情報によるものなど、
幅広い提案もさせていただきました。

これにより、すこーしずつ、社長の反応も変わってきて、
通常5回の訪問でよいところを7回。(実は、まだ、完全に終わっていないので、もう一度訪問します。)

なのですが、提案した経営理念、車内のGMP管理体制、組織図、ジョブディスクリプション、組織図など、慎重に考えながらも、
最後の方では、私のことも完全に求めてくれて、3回目、4回目の訪問で、やっと将来のことに触れることができる雰囲気になりました。

そのことが、今日。
報告書を書かないといけないのですが、まだ半ば。

ブログを書きながら、正しい道を探っています。・・というか、速く仕事しろ。。。という声も聞こえてきそうですが。

カテゴリー: 企業経営, 薬事とQA タグ:

2017.02.03 はGMP監査(医薬品原料)が仕事でした。

2017 年 2 月 4 日 コメントはありません

DSC_0903

徳島県 吉野川河口付近の写真です。

2月3日は、今年2か所目のGMP監査の仕事でした。
出張に行く先々でも、いつもと変わらず、朝ランしておりますが、徳島では、吉野川?

DSC_0906

実は、12月も徳島に来ており、この時もGMP監査の仕事で、この時は化粧品原料の工場監査。
(依頼元はフランスの大手の化粧品会社でした。)

川か、湖か、海か、、なにがしか、水が近くにあるところを探し、出張時の宿泊先を探し、
朝ランのコースを予め想定してから、宿をとります。実は海外出張の時も同じ。

話は飛びますが、今回のGMP監査は、医薬品原料。
医薬品原料と化粧品原料、それぞれ、スタンスがかなり違うんですが、

GMPとしての、品質の見方は全く一緒。
だから、できる仕事なんですが、私は化粧品会社で働いたことはありません。

しかし、この仕事を通して、化粧品にかかる製造所の薬事規制について、日本、欧州、米国のそれを知ることができました。
GMPとしての品質で求めていることは同じであることを。

しかし、市場、そして求められる安全性のバランスの中で、GMPの中身の必須要件が変わってくる。
そんな感じです。

GMP監査。今回は医薬品原料、それも主薬(Active Pharmaceutical Ingredient)でしたが、
医薬品原料の場合、医薬品添加剤(Pharmaceutical Excipient)の場合もあります。
そういえば先週行ったところは、医薬品の包材(Packaging Material)の製造会社でした。
これにも、GMPの適用があります。

このほか、GMP監査では、医療機器の原料、医療機器そのものの場合もあります。

全て、私のGMP監査の時のメニューとなりますが、
国が違えば、その中の考え方も若干ことなります。

でも、GMPでも求めている品質は一緒。
GMPという下敷きで見て、各国の薬事規制の内容考慮して、私なりの考察を加えます。

お客さんが途絶えていないということは、それなりの仕事ができてるんでしょうね。

さて、これから、レポート作成。
お客団が外国ばっかりだから、英語で報告書。
これが時間かかるんだ、、、しょうがないんですけどね。

カテゴリー: 薬事とQA タグ:

2017.02.02 5th GQAC のプログラムコミッティに電話参加

2017 年 2 月 2 日 コメントはありません

本日の夜、8時30分すぎ、日本QA研究会の事務局より電話があり、
夜9時からのRQA,SQAとのプログラムコミッティの電話会議に入っていただけないかと。

いつものように「いいですよ」とはいったものの、会議やプログラムの進行状況がよくわかっていないので、
「あまり力にはなれないですよ」の条件で会議に入りました。

私は現在、徳島に出張中なので、ホテルから、携帯で、電話会議室に入りました。

ここで、注:
5thGQAC 第5回 Global Quality Assurance Conferenceの略で、
RQA、英国のQA研究会、SQA:米国のQA研究会、そしてJSQA:日本QA研究会が合同で開催する3年に1度の国際学会。

5thGQACは英国RQAが担当で、今年の11月1日~3日に、英国エジンバラで開催されます。

それで、私が、なぜ、会議に招集要請があったかというと、
Conference初日のセッションで、Round table disucussionを、RQAの会長さんとSQAの会長さんとともに、進行役を仰せつかっており、
これも、よく状況がわかってなくて「いいですよ」と引き受けたものですが、、、

この私が登場する予定の、セッションのトピックを決めるディスカッションが始まる可能性があったため、
「できたら、入っておいてほしい」、ということで、招集された模様。

本件について、時々、メールは回されていましたが、
正確には状況を把握でき絵おらず、本日の会議に参加して、ようやく、全体像がつかめたようです。

次回の会議は16日、そしてそのあとは、RQA会長とSQA会長と3人で、進行の内容を決めていくことになりそう。
シナリオがむつかしそうですが、自分としても、すこし考えてみないといけないみたいです。

よく見ると大役なので、頑張らんば。

ちなみに、私がノミネートされた理由は、GLP,GMP、GCP等、なんでも、対応可能なコンサルタントであること、
以前(2ndGQAC:英国で開催)の時に、セッションの座長を務めたことがあるから。ということのようです。

あの時も何とかなるさ、、で引き受けましたが、今回も、、ですね。

カテゴリー: 薬事とQA タグ:

2017.02.02 1-2月仕事には余裕があると思っていたんですが、、

2017 年 2 月 2 日 コメントはありません

今年に入って、1-2月 余裕があると思ってたんですが、
昨年12月にやった仕事(GMP監査)が、まだ処理が終わっていないのに、今年に入り、新しい仕事(GCP監査、GMP監査)も重なり、
かなり忙しくなってきています。

それに加えて、中小企業診断士の方の仕事で、顧問先のバンクミーティング、林業事業者支援の締め切り、モノづくり支援の仕事、
あれよあれよと、仕事が積みあがっていってしまってます。

これに町・地区の仕事や手をつなぐ育成会の仕事を入れると、、、「どうなることやら」が、今朝の心境。

何とかなると思いますが、心が癒される、息子との時間も作らんといかんなと。

昨日FBで、マラソンのエントリーをクレイジーに書き込んでしまいましたが、
反省。

時々、息子との登山、、、なんて、いれんといかんなと。

さて、今日は明日の仕事のGMP監査のため、徳島に飛びます。

GMP監査については、改めて、思いを書いていこうかな。と。

それでは。

カテゴリー: その他もろもろ タグ: